えんがわだいすき

社会人腐女子が日常生活の中で感じたことのメモ。

自分が「アンソロ」だと思ったら「アンソロ」だという話

f:id:chaospace:20181213214605j:plain

※当記事の内容の一部は王道CPには向きません

Mくんは自CPの本をこの世に生み出す為に生きています。
「自CP無い~~~~~!!!」と言われる事があまり好きではないためです。
なので、最低1冊は出したい…と思っています。

ところで皆さん「アンソロジー」についてどう思いますか?

Mくんはですね…

ア ン ソ ロ が 出 て る カ ッ プ リ ン グ は 強 い !

みたいな持論があります。
だってアンソロが出てるんだもん!(?)

例えばこんな会話が発生するとします。

Aさん「Bちゃんの推しCPってなに?」
Bさん「○×!」
Aさん「○×ってマイナーだよね?」
Bさん「まぁね!でもアンソロ出てるんだよ!」

この後に続くAさんの言葉は大体こう。
「アンソロあるんだ!?」
「結構書き手さんいるんだね」
いやなんか…「勝った…!」みたいな気持ちになりません?(私はなる)

この記事の本題はアンソロがあるCPは強く見える話ではないので割愛します。

どんな状況、どんな形、どんな方法で出そうが主催がアンソロだと言い張ればそれはアンソロだという話。

何人で書いたってアンソロ

いまどき、すごい人数ですごいページ数のアンソロが多くて、
「アンソロって人いっぱい集めてページ数いっぱいないとダメなんだ!」
みたいに思えてしまう人…いません?
「自CP、そんなに人数集まらないから…」
とか思ってません!?

そんなことないから!!!!!!!!!!!!!!

って自分自身に言い聞かせながら書きます。

「アンソロジー」とは複数の作家による短編や読み切りの作品を収録した出版物。
「アンソロ」と略されることが多い。

広義では、複数人による作品集であれば和歌集、はては卒業文集もアンソロジーである。

アンソロジー (あんそろじー)とは【ピクシブ百科事典】

まぁつまり、10人でも100人でもアンソロなんですね。

Mくんのアンソロ発行履歴

1冊目:依頼/公募 17人 84P(初アンソロ発行でみようみまねだった)
2冊目:依頼/公募 8人 60P(初めてスターPPとかいう高いPP貼った)
3冊目:依頼    8人 84P(自CPを書ける逆CPの人にも書いてもらった)
4冊目:依頼/公募 23人 132P(100P越えてビビッた)
5冊目:依頼    6人 48P(平成最後に爪痕を残す本)

Next…
6冊目:依頼/公募 7人
(女攻!ふ○なり!男体化!なんでもあり!君の原稿をくれ!企画だけどCPが固定なので発行直前にアンソロって言い張って切り替える気がする)

どの本も

無いのなら 自分で作ろう 同人誌

の精神で作っています。
アンソロ発行できてよかった~!という気持ちでいっぱいです。

ネットを検索していると

「最低8人くらいは欲しい」
「読み応えが無いとアンソロって感じしない」

みたいな意見もちらほらあって、色々考えさせられます。
でもさ!再度貼りますが!

「アンソロジー」とは複数の作家による短編や読み切りの作品を収録した出版物。

アンソロジー (あんそろじー)とは【ピクシブ百科事典】

なんですよ!

複数人
読み方:ふくすうにん

二人かそれ以上の人数。複数の人。「数人」とも言う。

複数人(ふくすうにん)の意味や定義 Weblio辞書

つまり2人以上いたらアンソロじゃん!!!!!!!!!!
2人で100P描いたらめっちゃアンソロじゃん!!!!!!!!!!!

実際、自分の絵柄を変えてあたかも複数人で描いたように見せかけた一人アンソロと言うものを発行されている方がいらっしゃいます。

参加人数の制限はございません!一人アンソロでもOKですよ!

アンソロジー本企画 【総合力No.1の同人誌印刷会社サンライズ】

サ…サンライズ…!

一人でもアンソロ発行できるじゃん!!!!!!!!!!

読み応えの話で言えば、購入側に回った時の心情としては

正直10Pだろうが100Pだろうが欲しい本は買う

ので、気にしないで欲しい。
現に48Pのアンソロが先ほどのMくんアンソロ発行一覧に入っています。
このアンソロもブレることなく最初から最後まで「アンソロ」として活動していました。
何ページだろうと欲しい人は欲しいと言ってくださいますし、何より

「自CPのアンソロが出る世界線…?」

という声も聞こえてきます。ありがとう、嬉しいです。
出せてよかった。

「人数少なくなっちゃったからアンソロをプチアンソロにしよう…」
「ページ数そんなにないからアンソロをプチアンソロにしよう…」

とか思わなくていいと思います!!!!!!!!!!!!

最初にアンソロと言って始めたならアンソロでいいんですよ!!!!

プチアンソロにするかアンソロにするかって完全に主催のさじ加減なので、6人でもプチと言う人もいれば14人でもプチと言う人もいるらしいですからね!
なんかこう、人数少ないから小さくしておこう…みたいなのはいらないんだなって思いました!

人数に左右されず、堂々と「アンソロ」と言っていきましょう。私もそうする。

どんな方法で描き手を集めたってアンソロ

Mくんの知り合いにこんな人がいます。
「自CPの本、同人界隈で私しか発行してないけどアンソロ出したった」

強い、強いぞ…!(わたしもよくやる)

なおかつ話を聞くと、知り合いに声をかけまくって描き手を集めたとの事。

わかる、わかるぞ…!(わたしもよくやる)

集められた知り合いの中で「ネタが浮かばない」という人がいればネタ出しのアシストもしていたらしいです。
すごい…手厚すぎる…。
それだけ「自CPのアンソロが欲しい!!!!」と思っていたんでしょうね!私もよくある!

それこそ自CPの神に依頼する時は「あなたの自CPが好きだ、あなたの自CPが欲しい」という熱烈なラブコールを送りながら執筆依頼のメールを出します。
逆に、自CPの描き手が自分しかいない同人界隈だと、もうハイエナのごとく駆けずり回って

「お願いだから!!!!!!!!描いて欲しい!!!!!!!!!!!!」

と友人知人にスライディング土下座をします。
逆に、逆CPの本のみ発行している絵描きさんと仲良くしていたとき

絵描きさん「Mくんの自CPも食えますよ」
Mくん「!?!??!?!?!かけますか?!?!?!?!」
絵描きさん「多分かけます」
Mくん「!??!?!?!?(神?!?!?!!?)」

という流れで逆CPの人に自CPを描いていただくこともあります。
(そういう方は「描いてみたいけど描くタイミングが無い」みたいな人が多いかもしれない)

自CPの人が描いた自CPしか読みたくない!という固定の方もいるかもしれません。
まぁ!でも!?「この人のメインCPは違います」なんて!?わざわざ主催が言うことでもありませんし!?
読み手様が執筆者一覧からみんなの自CPを調べて購入を検討いただければ!!!
出す側が「私の自CP原稿をくださーーーーーい!!!!」というスタンスを貫けば、どんな方法で、どんな人にお願いしても

自CPのアンソロなんだ!!!!!!!!!!!!

宣伝しなくたってアンソロ

同人誌って宣伝してナンボ、というのは重々承知しています。
アンソロも沢山の人に手にとってもらいたい!という気持ちで宣伝活動にいそしみます。
とある本を発行する際、

発行日から約1週間前に突然「出るよ!」と言う

手法を取ったことがあります。
何でこうしたか…はジャンルの特性とか同人者の空気とかの問題があったので割愛させていただきます。

宣伝してようがしてまいが、1ヶ月前から告知しようがイベント3日前に言おうが、アンソロはアンソロなんですよ!

※Mくんが突然告知の手法を取れたのは、きっとマイナーCPのアンソロだったから!(王道でやったらてんやわんやでしょうね)

フライヤー作って、アンソロサイト作って、告知のTwitterアカウント作って、こまめに進捗報告して、ノベルティーの宣伝もして、、、
いや~~~~大変だわ!大変!
でもこれ全部クリアしてなくてもアンソロは出せます!
Mくん今まで一度もフライヤー作ったこと無いや!

宣伝は大事、でもやれる範囲で行えば良いと思います!

最悪界隈に影響が無いカップリングなら私みたいに突然告知して突然発行してもいい!

どこで出したってアンソロ

Mくんのアンソロ履歴に「平成最後に爪痕を残す本」があると思います。
実はイベント主催様が「満了になったので申し込み締め切り1ヶ月前だけど閉じます!」と申し込み不可になってしまった事件がありました。
完全に私の不手際だった為、執筆者の皆様には大変なご迷惑をおかけしました。
しかしMくんはあきらめません。

絶対に年が変わるまでに出すんだ!

と強い意志を持っていたので、なんとしてでも出したい!と思っていました。
元々企画自体が自分の知り合いだけを集めて宣伝も無くクローズドで進めていたこともあり、執筆者様にかけあって発行日の変更をさせていただきました。
その際にとった手法…

自 宅 で 1 人 オ ン リ ー 開 催

「どういうこと?」と思うはずですので説明します。

  1. 発行日を自CPの受けの誕生日に設定
  2. 誕生日までに本が届くように印刷所と調整
  3. 誕生日当日は自宅で1サークルだけが参加する自CPのオンリーを開催(一般参加不可、サークル主のみ)
  4. オンリー開始10時と設定し、10時から自家通販ページを公開(一般的に即売会は10時~12時開催なので)
  5. 以降、通販が売れる毎に卓上の同人誌を梱包して発送準備

という方法で自宅発行することにしました。
これで自CPの受けの誕生日も祝えるし、年末までに発行できるし、一石二鳥…!
参加者の皆様に一人オンリーの概要をお伝えしたらゲラゲラ笑われました。

イベント合わせで出さなくても、アンソロ発行は可能。

「地方に住んでるから発行できない」
「オンリー開催が無いから躊躇う」

など、お悩みのある方!
是非自宅で一人オンリー開催を!是非!

f:id:chaospace:20190219120832j:plain

自宅オンリーの写真!

自分がアンソロって言い切ったらアンソロ

とあるジャンルで、女性向けでは「アンソロ」と認識されるものが、元々界隈に男性が多かったのもあって「合同誌」として発行される事が多く在りました。
女性向けで合同誌…といえば、複数人でお金を折半して出し合い、売り上げも割り勘するもの。一方アンソロは主催がお金を全額出し、売り上げも主催に全額戻ってくるもの。
元々ジャンルにいらした男性(向けの一般論はわかりませんが)が主体で出されていた本は女性向けで言う「アンソロ」を「合同誌」として発行されていることが多く在りました。

で、Mくんはそんなにガチガチの企画にするつもりもなかったので、ゆるっとした気持ちのまま「女性向けカップリング」で「合同誌」として企画を始めたんです。
まぁでもやっぱり女性向けではアンソロ≠合同誌なので、執筆者様からご質問を得て再検討し、最終的にはアンソロとして発行させてもらいました。

や~~~このとき思いました。

原稿をもらう企画を立ててアンソロっぽいものを出す時はもうアンソロと言い切ってしまおう

と。
いやほんとにね!アンソロって言い切ったもの勝ちですよ!本当に!
逆パターンで

「人数集まらなかったから~」
「ページ数そんなにないから~」

とか思っても堂々と「アンソロ」って言いましょう!Mくんは言おうと思いました!
50Pとか100Pとかなくてもアンソロはアンソロなんです!
(これは本当に胸に刻んでおきたい)

同人誌に人数とかページ数とか関係ないですよね!?!?
大事なのは自CPの本があるかどうか!その自CPの本を買って「よかった」と思えるかどうか!!!

アンソロはアンソロ

大事なのは、胸を張ってアンソロを発行すると言い切ること。

ただそれだけな気がします。
ページ数とか人数とか発行場所とか内容とか書き手の自CPとか関係ない。

この世に自CPのアンソロがある…なんて素晴らしいことなのだろか!