えんがわだいすき

社会人腐女子が日常生活の中で感じたことのメモ。

勢いでコンカツ!をはじめてみた話。

と、タイトルに書きましたが、正直この私が婚活をする日が来ようとは思いませんでした。
あくまで勢いで始めたことなので、結婚したい!と熱望して日々努力されているいる方にはちょっと読みづらい記事かもしれません。
逆に今ダラダラしてるけど婚活しよっかな~?と迷ってる人向けに何か手助けになれば。
あとは独身で自分を資本に何か面白いことしよっかなと思ってる人向けかな…。

何で始めようと思ったのか

きっかけはとある結婚相談所が「オタク以外の事にも目を向けてほしい」と呟いて炎上したこと。

これはオタク全体に向けての話ではなくて、あくまで「結婚」を視野にいれて婚活をしているオタクに向けて。
私はこの意見に全くもってその通りだと思っています。

ドオタクの私

私は小学生のころからアニオタとドルオタをしていた根っからのオタクです(腐ったのは高校からです)。
昔は今ほどオタクという人種が受け入れられておらず
「アイツオタクなんでしょ?キモ~」
みたいに思われるのが嫌で、仲のいい友達以外にはオタクである事を露呈にはしていませんでした。

中学生のド思春期の頃、高校生のいわゆる青春真っ盛り!の頃、
私は「男子と喋らなくても別に生きていける」と思っていました。
これは男子が嫌いだとかいうわけではなく単純に
「オタクである自分はアニメの話題しか提供ができない」
「オタク以外の話題で男子と会話するなど、何を話せばいいのかわからない」
いわゆる一般的な話題を持ち合わせていませんでした。
(今思えば、学生なんだから漫画くらい読んでるだろうし話振れば良かったんだろうなと思います。)
携帯にはオタクのストラップがジャラジャラついているにもかかわらず、外に出すのが嫌で
(何それ?と問われるのと、オタクである自分を嫌悪がられるのが嫌だった…)
全部ポケットにしまいこんでいました。おかげでポケットの中は常にパンパンです。

その頃は某Mステにも興味がなかったし、ワールドカップがやっていようが見もしなかったし、
あくまで好きな事にひたすら一直線でした。
ゲームやって、漫画読んで、アニメ見て。
それ以外の物事に興味が微塵もありませんでした。

趣味でやりたいことが増えてくる

そんな私も社会人になり、新卒!
(同期には即効でオタクとばれました。わかりやすいらしいです。わかりやすいオタクって怖い。)
同期・上司・後輩・別の会社の方、いろんな人と接することになります。
相手がオタクかオタクじゃないかなんて選んでられません。
社会人においてコミュニケーションが取れるかどうかって非常に大事だと思うのですが、
相手と話が続くかって結構大事だと思うのです。

幸い社会人になり学生時代よりもお金がある!好きなことができる!すごい!
「アニメゲーム以外のもっと一般的な趣味も持とう!私のスキルも上がるし!一石二鳥!」
と思ったのが2年目の頃。

その勢いでスポーツジムに通ったり、弦楽器始めたり、バンド組んだりしました。ルービックキューブも練習したっけ。
あとは、2016年にキンプリにハマり、 

KING OF PRISM by PrettyRhythm - Wikipedia

何十回も通ったおかげで映画館に行くことに抵抗がなくなりました!
映画を見るという趣味も増えた…ありがとうキンプリ。映画館で見る映画って、良い…。

こうして社会人になって触れたこと、見たこと、やろうと思えたことがグッと増えたんです。
(お金があるってすごい)
それは同時に人と話すときの話題づくりにもなりました。全く知らない人相手でも。
だから、コミュニケーションをとる上で「オタク趣味以外の物事にも目を向けてみる」って本当そのとおりだと思っています。
(まぁ極めすぎると音楽オタとかルービックキューブオタとかになってしまうので元鞘に戻りますが…笑)

昔より話のネタを持っている自分

知らない誰かと何か接点を持ちたければ話しのネタは多く持っておいた方が良い、は「そうだな」と非常に思います。

丁度この頃「は~~~~この先どうすんだ?孤独死か?二次元の婿と結婚してぇ~~~~」と思っていたので
天から振ってきた何かのお導きというか、勢いで近場の相談所に乗り込みました。
「今の俺ならできるっしょ!!!!!!!!いっぱい趣味あるし!!!!!!!!!話題には困らん!!!!」
みたいな勢いです。

結婚相談所のシステム

色々システムの話とか聞いて、まず最初に思ったのは

「自分を資本にした三次元乙女ゲームだ!?!?!?!?(正し選択肢と好感度は表示されない)」

です。(超主観)

いやこれは実際に婚活やってみてくださいとしか言いようがないんですが、リアル乙女ゲームです。
なおかつ男性側はギャルゲーをやっていると思ってください。お互いに主人公です。

そしてびっくりしてしまったのは合法で何人もの方と同時に交際ができる。

「リアル金色のコルダ12人攻略???!?!?!?」

婚活のシステム上「お見合い→交際→真剣交際→ゴール」らしいのですが、
え?いきなり交際?はやくね?って思うじゃないですか。
この交際はあくまでカッコカリなので、システム上は複数人とコンタクトをとることができるんです。
もちろんお見合い時に「もう少し話してみたいな」と思った人相手です。
思わず「合法二股ェ…」って思いました。ええ。

実際やってみたんですけど(やったのか)結構疲れます。
同時進行って頭使うので。芋女には3人が限界です。

選択肢出ない乙女ゲーム(しかも月額費かかる)なので、滅茶苦茶難易度高いんですけど、面白いですね婚活。
色んな人と色んなお話ができる点もお勧めです。世の中には色んな人がいる…。

気を付けていること

婚活する上で気を付けている事は「会話を振る」こと。
「昨日〇〇行ったんですよ」
「へぇ~そうなんですね」
で終わらせずに、
「どうでした?何かありました?」
まで振る。それで会話が成立する。何気ない事なんですが、結構大事だなぁと思いました。
これ初対面のオフ会でも役に立つからスキル上げるのはおすすめです。

ダラダラと書きましたが、今はまぁ某新幹線アニメに人生狂わせられているので一旦活動をお休みしています。
鉄オタするのに忙しい…。
鉄道の件はまた別記事で書きたい。

 

以上、コンカツ!してみた話でした。